SoftHompoのホーム>FStateManのホーム
先頭へ

ファイルのダウンロード

 
 
 

Vectorからのダウンロード
Microsoft Storeからダウンロード(有料版)

プログラムの変更履歴

変更日付 バージョン sha 変更内容
2010/05/12     データベースをMicrosoft AccessファイルからXMLファイルに変更しました。
起動がバージョン1より格段に高速になっています。
バージョン1を使用している人は、データ変換ツールでAccessファイルからXMLファイルにデータを変換した後使用してください。
2010/07/03     指定した財務表の科目について各年度の金額の棒グラフを出力することができるようになりました。
2010/11/15     登録済みのXBRLファイルの自動削除機能を追加しました。
2011/05/29     財務諸表を表示したときの目次が、最新の発表財務表でソートされます。
これにより、更新された財務表のみを表示することが簡単になりました。
2012/05/16     財務諸表を出力するとき、過去に正常にExcelファイルが作成されていない場合の不具合に対処しました。
2012/05/27     財務データを基に企業を選択できる機能を追加しました。
今後は、FstateManの起動は、スタートメニューの”SoftHompo”の”FStateMan”から行ってください。
2012/06/05     選択されている企業の財務指標を表示する機能を追加しました。
この機能により、Excelで財務諸表を表示しなくても、その企業の財務傾向を判断することができるようになりました。
2012/07/22     「財務指標画面」で、財務表、勘定科目の選択方法を変更しました。
2012/08/14     プログラム全体をチューニングしたことにより、XBRLファイルの登録、財務諸表のExcelへの表示等が高速化されています。
2012/09/02     「複数企業比較」機能で財務諸表を表示すると、正常に表示されない不都合を修正しました。
2013/04/03     Excelに財務諸表を表示するときにワーニングが表示される不都合を修正しました。
財務諸表の表示が多少早くなります。
2013/07/17     財務諸表をExcelファイルに表示する処理を早くなるように改良しました。
注目企業の登録機能を追加しました。
企業選択画面に、財務表をExcelファイルに出力した日付を表示するようにしました。
2013/09/27     EDINETのホームページ変更に対応しました。
2013/11/10     一部の業種で、財務データが正常に登録されないバグを修正しました。
また、企業選択画面に業種情報を追加しました。企業を業種単位で表示することができます。
2014/01/26     EDINETのホームページの一括ダウンロード画面からファイルをダウンロードする機能を追加しました。今までは、ブラウザーが表示されるだけであった。
2014/02/21     次期EDINETシステムで公開される、セグメント情報等のタグ付けされていない文字情報を登録・表示することができるように改良しました。
これにより、経営指標の推移、事業状況、株式状況、セグメント情報等の管理ができるようになります。
臨時報告書等の書類は、現時点(2014/2)で既に次期EDINETファイル形式に変更されているので、ダウンロードして文字情報を登録することができます。
2014/03/18     次期EDINETファイル形式のデータを登録したとき、業種名が正常に登録されない不具合を修正しました。
2014/03/27     文字情報選択画面にキーワードを設定できるように改良しました。これにより、事前にキーワードを設定しておけば、項目名にそのキーワードを含む項目が選択されます。
2014/04/04     文字情報表示で、選択した項目の最新情報のみを表示する機能を追加しました。
2014/04/19     新EDINETのタクソノミで作成された、財務表と旧タクソノミで作成された財務表との統合機能を追加しました。
詳しくは、マニュアルの”4.2.1 新財務データの統合 ”を参照してください。
2014/05/9     一部の提出者において、参照しているSchemaファイルのリンクをXBRLファイルに記述していない場合があります。 元来は、これによるエラーの発生は、FStateManの責任ではないのですが、正常に処理するように修正しました。
2014/05/16     IFRS準拠の財務データの登録が正常に実施できない不具合を修正しました。
企業選択画面のデザインを変更しました。 登録されている財務諸表、文字情報の項目はそれぞれ別の画面で表示するように変更しました。 これらの画面は、メインメニューの”表示”で選択できます。
2014/05/24     ファンドデータ(EDINETコードがGで始まる財務データ)に複数の追番が存在する場合、新財務データと旧財務データの統合が正常に処理できなかった不具合を修正しました。
2014/05/30     新財務データのキャシュ・フロー計算書の出力でグラフ出力の指示が正常に機能していなかった不具合を修正しました。
今後は、キャシュ・フロー計算書に関しては新財務データのみを対象とします。
財務指標計算に関しては、”科目の編集”で再度設定しなおしてください。
キャシュ・フロー計算書以外の財務表については、今までと変更はありません。
2014/06/07     一部の企業の財務表出力ができなくなる不具合を修正しました。
2014/06/21     複数の追番が存在するファンドデータのグラフ作成するとき、追番ごとにグラフを出力するように修正しました。
ファンドデータにおける追番は、別々のファンドデータに相当します。
企業検索機能を拡張しました。
2014/07/19     旧財務表のExcelファイルへの出力あるいは更新を抑制することができます。(環境設定にて指定します。)
提出書類をHTML(インラインXBRL)ファイルで保存できるようになりました。(環境設定にて指定します。)
2014/08/01     ”企業選択画面”の提出日が更新されていませんでした。ただし、財務データそのものはデータベースには登録されています。
2014/7/19のアップデートが対象になります。2014/7/19のアップデートを実施していなければ問題はありません。
2014/08/09     財務表を出力するとき、グラフ表示対照勘定科目が存在しない場合、正常に財務表が出力されない不具合を修正しました。
2014/08/25     財務データの登録で、一部の財務表の登録が実行されない不都合を修正しました。
2014/09/03     財務データをデータベースに登録時、旧財務表を新財務表に統合するオプションを追加しました。
このオプションは、環境設定で指定します。
2014/11/01     財務指標画面での勘定画面の指定を日本名称から財務表のRole IDで設定するように変更しました。
今までの勘定科目の設定は無視されますので、再度設定しなおしてください。 詳しくは、マニュアルの4.10 財務指標の計算を参照してください。
同様に、グラフ出力設定の方法も変更しました。
2014/11/06     一部の企業で、Excelファイルに財務諸表を出力できない不具合を修正しました。 
2015/03/15     財務諸表をExcelファイルに出力する処理が速くなりました。
2015/05/29     決算期により表示金額の単位が変更された場合の財務指標計算が正常にできなかった不具合を修正しました。
2015/11/08     ①zipファイルの展開時に、既にファイルが存在する場合は展開しないように修正しました。
②財務指標検索画面の機能を変更しました。
複数の勘定科目に対する指標を基に企業を検索するように変更しました。
財務指標検索画面の検索方法を変更しました。
③財務表のグラフ表示が正常に表示されない場合がある不都合を修正しました。
④HTMLファイルの削除機能の追加を追加しました。
2016/04/10     ”登録HTMLファイル表示画面”で表示範囲の最低年度が設定できるようになりました。
最初期にFStateManを起動するときの環境設定画面が正常に表示できなかった不具合を修正しました。
Schemaファイルが存在しない場合のエラーメッセージ表示方法を変更しました。
2016/04/17     ”グラフ出力設定画面”と”座意味指標画面”の”科目登録画面”で、出力する財務表に対してのみ科目を設定するようにしました。
”出力財務表の設定”画面で、財務表の科目構成を表示する機能を追加しました。
”財務指標の科目登録”画面と、”グラフ出力項目設定”画面のデザインを変更しました。
2016/04/17 3.11.2.10   財務表の棒グラフの項目名がずれる場合の不都合を修正しました。
2016/06/09 3.11.2.11   ”比較企業の財務諸表出力”に出力するデータの期間を設定できるようにしました。
”出力財務表”に出力するデータの期間を設定できるようにしました。
ローカルライブラリに存在しないタクソノミファイルは、財務データ登録時にオンラインで収集し保存できるようにしました。
経営指標のデータが登録できるようにしました。
2016/06/22 3.11.2.12   文字情報の削除機能を追加しました。
名称リンクファイルでrole属性が宣言されていないために勘定科目の名峰が正常に取得できない不具合を修正しました。
2016/09/30 3.11.2.17   データが存在しない財務表が登録されている企業の財務表出力が正常にできない不都合を修正しました。
IFRSの財務表が正常に表示されない場合がある不都合を修正しました。
”名称リンクファイル”に”labelLink”要素が存在しない場合の不具合を修正した。
2016/10/21 3.11.2.18   財務諸表のグラフ表示での不都合を修正しました。
EDINETのXBRL(一括)ダウンロード画面表示を変更しました。
2016/12/10 3.11.3.0   書類検索機能を追加しました。
この機能を使用すれば、特定の単語(例えば”ヘルスケア”) が提出書類に含まれる企業を列挙することができます。これにより、特定の分野で活動している企業を見つけることができます。
検索結果をSMSにドラッグ&ドロップすれば、容易に株価データ等を参照することができます。(この機能を使用するためには、SMSのバージョンが12.4.10.0以上である必要があります。)
2016/12/26 3.11.4.0   SMSからのドラッグ&ドロップを受け付ける機能を追加しました。
これにより、SMSとFStateManが両方向での連携が可能になりました。
2017/02/12 3.11.6.0   企業選択画面に”最新の財務諸表表示企業”を選択する機能を追加しました。
2017/03/20 3.12.0.4   財務比率表示機能を追加しました。
2017/03/30 3.12.0.6   財務比率計算の科目設定時の不都合を修正しました。
2017/05/02 3.12.2.1   財務比率計算の計算項に対応する勘定科目設定画面の機能を変更しました。
XBRLファイルのzipファイルがすべて展開されている場合の不都合を修正しました。
2017/05/16 3.12.3.0 起動時スプラッシュ画面を表示するようにしました。
2017/07/18 3.12.5.0 C4CEB58EEA90A88F62CC573FDA5CE999B9C5CD6D ”書類検索”で削除されたHTMLファイルを参照しようとしたときの不具合を修正しました。
”書類検索”で、最小出現回数より少ない検索結果を削除する機能を追加しました。
2017/08/02 3.12.6.0 1845190476ED9A9BB4C670A50B812F526DF56DD7 ”書類検索”の検索方法を変更しました。
2017/11/16 4.0.7.0 B2F56DB9DF957AD69C8EB547AEB4A40B3633B4EE XBRLファイルの登録方法を変更しました。これにより登録時間が削減されます。
提出書類のHTMLファイルの保管方法をzipアーカイブファイルに変更しました。これによりディスクの使用量が節約できます。
EDINETのサイトからXBRLファイルをダウンロードする画面のデザインを変更しました。
環境設置画面の設定を、それぞれの機能に関連する画面で設置する用の変更しました。
【制限事項】
Windows7で運用する場合は、.NET Framework 4.5をインストールする必要があります。
Windows8, Window10では、そのまま動作します。
2017/12/15 4.1.1.0 638CBD52E86A88A8EEA31B74DDDC1729D1CB23C7 [処理][企業の削除]機能を追加しました。 不要な企業データをごみ箱に移動することができます。 企業の削除は、企業選択画面でもできます。
ごみ箱機能を新設しました。
 [設定][環境設定]を関連する画面で設定するように変更しました。(XBRLファイルの登録画面、企業選択画面、EDINETのHP画面)
[処理][比較対象企業に追加]が、”複数企業比較”画面が表示されていないと追加されなかった不都合を修正しました。
2017/12/27 4.2.1.0 29D53E2DE6BD81809247B80680FC3DC10EAC08BF ”企業選択”画面で、ソートの最優先項目が業種の場合、業種での検索機能を追加しました。
ダウンロードしたXBRLファイルに旧タクソノミが含まれている場合の不具合を修正しました。
2018/02/26 4.4.2.0 0CB1990AD3A0A3C2CB3BB05F2BE5354589C77DFF ”XBRLファイルの登録画面”画面を次回起動時の表示画面リストから除外しました。
”企業選択画面”に最新提出書類を表示するようにしました。
財務諸表を出力するExcelのファイルの目次ページの最新決算期間のフォーマットが日付フォーマットでなかったのを修正しました。
真っ新な状態で起動するとエラーが発生するバグを修正しました。
2018/03/20 5.0.5.0 B4EA91C1B21744F00FCC836A6C8BCCB50DBE2326 財務表の表示をExcelから、内部のウインドウで表示するように変更しました。
これのより、FStateManの実行環境への依存度が非常に低くなりました。 MicrosoftのOfficeをインストールする必要はありません。
表示を内部ウインドウで行うことにより、選択した企業の財務データが即時に表示されます。
複数企業の財務データの比較も即時に行えます。
財務データをcsvファイルに出力する機能があるので、今までと同じようにデータの加工は容易にできます。
今回のバージョンから、FStateManの構成が単純になりました。
初めて使用する場合も、すぐに使いこなせるプログラムになっています。
SMSとの連携方法をマウスのドラッグアンドドロップからメニューでの操作に変更しました。
ダウンロードするXBRLファイルのフォーマット変更に対応しました。
2018/03/20 5.0.6.0  3A07585FB17A040176E87C3EE5C94CC54A1D114A  ダウンロードするXBRLファイルが、提出日によりフォーマットが違う不都合に対応しました。 
2018/03/26 5.0.8.0 99B944F6CE653A070D684CE4C6363D4CE5844C99 財務比率の計算項目の科目の自動設定の不都合を修正しました。
財務比率の表示方法を変更しました。 カレント企業の計算項目が設定されていないとき、その業種の全企業の財務比率を表示していたのを、表示しないように変更しました。(表示に時間がかかるため。)
2018/04/23 5.0.11.0 50BDB9F04BAE268FCD7FB906004CDCF559EF97E4 並列処理することにより、財務比率の表示、書類検索が速くなりました。
財務比率の計算項目編集直後の財務比率表示に変更が反映しない不都合を修正しました。
財務表の行選択を行単位に変更しました。
2018/05/15 5.3.1.0 FCD21081397F808D853DEB5639156D4C3AB286E7 カレント企業の選択機能を”企業選択画面”から独立させました。 ”企業選択画面”の表示には、時間がかかるため、FStateManの起動に時間がかかっています。
この状態を改善するために表示企業数を現在から指定した日数の期間に書類を提出した企業のみを表示するように変更しました。
このため、カレント企業が企業選択画面に表示されない場合もあります。そのために、カレント企業情報を表示するテロップ画面(カレント企業嬢を表示する、表示位置可変な半透明の画面)を新設しました。
メインメニューの[カレント企業]にサブメニュー[前の企業]と[次の企業]を追加しました。
登録しないXBRLファイルの選択を提出者のみから、ファンドの場合は、提出者とファンド名の組み合わせで、判断するように変更しました。
2018/07/20 5.4.2.0 D07B8DDF09A7F1965213EF685F6EE6A2C57843F2 ”計算項と勘定科目の対応付け”画面で、ショートカットキーを設定しました。
”計算項と勘定科目の対応付け”画面で、財務表の表示を参照順にソートして表示するように変更しました。
”財務諸表画面”、”グラフ画面”、”企業比較画面(表)”、”企業比較画面(グラフ)”の財務表を参照頻度と決算期末日でソートして表示するようにしました。
”計算項と勘定科目の対応付け”画面で計算項を選択したときに財務表が選択されない不都合を修正しました。
2019/03/01 6.0.1.0  D1154E6864FD4D80021EF16213A7F858A3CD11A0 EDINET APIに対応しました。
ヘルプ画面をそれぞれの画面ごとに表示できるようにしました。
その他、細部の変更を行いました。 
2019/05/31 7.0.5.0    Microsoft Store で公開しています。
今までのデータベースはそのまま使用できます。
2019/06/24 7.1.1.0   Microsoft Store で公開しています。
2018/3/31以降に追加された財務表の名称にIDが前置されるようになったので、財務表明を表示するときにIDを削除して表示するように変更しました。
二次元テーブルの財務表を表示するときにエラーが発生する不都合を修正しました。
個別企業の画面表示分離機能を追加しました。この機能により、複数の個別企業の情報を別々のページで表示できるようになりました。
2019/10/13 7.1.8.0    Microsoft Store で公開しています。
2次元テーブル(セグメント情報、株主資本等変動計算書など)の表示機能を追加しました。
(旧バージョンで登録した財務表の2次元テーブルは正常に表示されません。)
設定ページの書類一覧の収集でのエラー発生を修正しました。
画面デザインを変更 しました。