SoftHompoのホーム>NewsCollectのホーム>NewsCollectのマニュアル
先頭へ

NewsCollectのマニュアル

はじめに
画面構成
制限事項
著作権

はじめに

NewsCollectは、NPStore(News Paper Store)のサブシステムです。
NewsCollectは、日経新聞社の記事と企業情報、株式情報を収集し、データベース(DB)に格納するプログラムです。 データベースに登録する機能は、”マーケット”と”朝刊・夕刊”のページのみです。 その他のページは、ブラウザーに表示はできますが情報をデータベースに登録することはできません。
DBに格納した”朝刊・夕刊”記事は、NewsViewerで表示できます。 また、”マーケット”の企業情報は、CompanyInfoViewerで表示することができます。
【注意】
NewsCollectは、日経新聞電子版を購読している人のみを対象としています。

画面構成

NewsCollectは、メイン画面と、ブラウザー画面、メッセージ画面から成り立っています。

メイン画面

メイン画面は、他の画面を制御する画面です。
メニューで以下の操作を実行します。

表 メインメニュー
メニュー 内容
ファイル DBフォルダ設定 SMSデータベースファイルを作成するフォルダを設定します。
既に、SMSがインストールされ運用している場合、この設定は不要です。
また、日経新聞電子版しか利用しない場合も、設定不要です。(企業情報、株式情報を表示しない場合です。)
記事収集レベル設定 記事収集レベル設定画面を表示します。
記事を選択収集する指定を設定します。
操作 中見出し記事以上収集 ブラウザー画面で”朝刊・夕刊”ページを表示している場合、大、中見出し記事のみを収集します。
記事は、大、中、小見出し記事に分類されています。
全記事収集 ブラウザー画面で”朝刊・夕刊”ページを表示している場合、全記事を収集します。
記事収集レベルで設定されているレベルによっては、収集されない記事が存在します。
DB格納 データベースにデータを格納します。 NewsCollect終了時に、未格納であれば自動的に格納処理されます。
ウインドウ 現在表示している画面のリストです。
Web画面とメッセージ画面のみです。
ヘルプ ヘルプ この内容を表示します。
バージョン プログラムのバージョン情報を表示します。
図 メイン画面

ブラウザー画面

企業情報、株式情報を収集する画面です。
有料会員の場合は、日経新聞の表示も行えます
記事画面の操作は、キーボードでも可能です。

表 キーバインドされているコマンド
キー コマンド
Z
]
/
数字キーパッド上の3
スクロールダウン
A
[
;
数字キーパッド上の9
スクロールアップ
B
S
L
前の記事表示
N
X
.
次の記事表示

株式情報ページ

NewsCollectが起動すると最初に”マーケット”ページがブラウザーに表示されます。 このページの情報は企業情報としてデータベースに登録されます。
ブラウザーで表示したページの本文がデータベースに登録されます。 ブラウザーで表示したページのみが登録されます。
データベースに登録できるページは、株式と企業のページです。
各ページを選択すると、画面の左側に情報の分類項目が列挙されているので、その中から選択します。
この時点で、データベースに登録する記事の候補リストが表示されます。候補リストから表示したい記事を選択すると記事内容が表示され、それと同時にデータベースにその内容が格納されます。
既に格納済の記事は、候補リストには表示されません。

記事の一部にマーカー線を引くことができます。マークする部分をマウスで選択した後、キーボードのMキーを押下します。
黄色のマーカー線が表示されます。このマーカー線は、SMSで表示したときも表示されます。

【注意】
記事の種類によっては格納できないものが存在します。

次の図は、株式情報の国内株概況を選択したときの状態です。
画面上部に表示されているのが候補リストです。データベースに格納された記事には、チェックマークが表示されます。

図 マーケット情報収集画面

新聞紙面ページ

ブラウザー画面で、”朝刊・夕刊”タブを選択します。
画面上部に全記事の見出しリストが表示されます。
紙面の見出しリストは、見出しページが完全に受信した時点で画面上部に表示されます。
表示した記事は、自動的にDBに登録されます。

記事は、3段階に分類されています。
large:青色で表示されます。文字の大きさも一番大きくなっています。(大見出し記事)
middle:緑色で表示されます。largeより文字の大きさは小さく表示されます。(中見出し記事)
little:黒色で文字の大きさが一番小さく表示されます。(小見出し記事)

リスト領域の文字の大きさは、自由に設定できます。 リスト領域で、マウスの右ボタン押下でメニューを表示してフォントを選択します。
リスト領域と紙面領域はマウスで自由にそのサイズを調整することができます。

図 日経新聞記事収集画面

記事収集レベル設定画面

記事を自動収集するとき、紙面に収集レベルを設定することにより、収集する記事を取捨選択できます。
対象の紙面の全記事に対して、収集レベルを設定します。 
例えば、”文化”紙面に対して、largeレベルを設定すると、記事の自動収集時に文化紙面の全記事を収集します。
画像収集のチェックを外した場合、その紙面の全記事の図表は収集しません。

表 記事収集レベルの内容
レベル 内容
large 対象紙面の全記事を大見出し記事とみなして、記事を収集します。
middle 対象紙面の全記事を中見出し記事とみなして、記事を収集します。
small 対象紙面の全記事を小見出し記事とみなして、記事を収集します。
none 対象紙面の全記事を収集しません。
noreset 各記事に設定されている記事レベルのまま記事を収集します。

図 記事収集レベル設定画面

メッセージ画面

エラー等が発生した時に表示されます。

制限事項

日経新聞電子版を購読している必要があります。
Windows7で運用する場合は、".NET Framework 4.5"をインストールする必要があります。 Windows8, Windows10はそのまま動作します。
Microsoft Internet Explorerがインストールされている必要があります。
【注意】
収集した情報を第三者に開示・提供すると著作権法違反になります。

著作権

NewsCollectはSoftHompoが所有しています。
プログラムそのものの配布は自由です。
NewsCollect使用によるいかなる損害に対して、SoftHompoは責任を持ちません。