SoftHompoのホーム>XMLViewerのホーム>XMLViewerのマニュアル
先頭へ

XMLViewerのマニュアル

はじめに
機能及び特徴
画面の機能
制限事項
著作権

はじめに

大規模でなおかつネストの深いXMLファイルの内容を調べる場合、目的のXMLノードを見つけることは極めて困難な作業です。
XMLViewerは、極めて効率的にかつ高速にXMLファイルを表示、検索することができる開発ツールです。
XMLViewerは、プログラム開発者を想定したツールです。 開発しているプログラムで情報をXMLファイルに格納する場合に、デバッグ作業として出力されたXMLファイルの内容を調べる必要があります。 そのような場合、一般にはエディターかブラウザーを使用しているのではないでしょうか。 しかし、エディターで大規模なファイルを開こうとすると表示されるまで長時間待たなくてはなりません。 XMLViewerは、短時間でXMLファイルを読み込み、目的のXMLノードのみを表示することができます。
XMLViewerは、ノードの編集もできます。編集結果は、XMLViewer終了時に保存するかどうかを選択できます。 しかし、XMLViewerは、あくまでも大規模なXMLファイルを効率よく表示することにあります。

機能及び特徴

  1. 大規模なXMLファイルを効率よく表示することができます。
    大規模なXMLファイルで目的の要素の構成を調べたいとき、一般のエディターやブラウザーでは目的の要素を見つけるのは極めて困難です。
    XMLViewerは、画面の左領域にXML全体の構造を木構造として表示し、容易に目的の要素を見つけることができるようになっています。
  2. 表示しているXML要素を編集することができます。
  3. 目的の要素を文字列として検索することができます。
  4. XML構造は、成形されて表示されます。
  5. 効率的に、大規模なXMLファイルから文字列を検索することができます。

画面の機能

XMLViewer画面は、XMLタグツリー領域(左)と XML構文表示領域(右)からなります。
マウスの位置のある領域がアクティブ領域に設定されます。

図 メイン画面

メインメニュー

メニュ 小メニュー 内容
ファイル 開く XMLファイルを開きます。
編集 再読み込み 現在表示しているXMLファイルを再度読み込んで、最新状態に更新します。
編集モード 現在表示しているノードを編集します。
編集した変更は、XMLViewer終了時にファイルに格納するかどうかを選択できます。
検索 XML構文の文字列を検索します。
表示 画面分割を水平 画面分割方向を水平に変更します。
ヘルプ マニュアル このマニュアルを表示します。
バージョン XMLViewerのバージョン情報を表示します。

コンテキストメニュー

コンテキストメニューとは、目的の画面でマウスの右ボタンを押下すると表示されるメニューのことです。

画面 メニュー 内容
XMLタグツリー領域 下位ノードの全展開 現在選択しているタグの下位ノードを展開します。
全ノードの展開 全ノードを展開します。
XML構文表示領域 Font フォントの変更ができます。
Decode XMLは、特殊文字が要素名に含まれている場合、エンコードされます。Decodeすると、一般の文字列として表示されます。
DisplayLocalName NameSpaceを追加するかを選択します。

XML構文表示領域のキーバインド

キー操作あるいはマウス操作で画面のスクロール等ができます。

キーバインド
キー 内容
右に水平スクロール(半分スクロール)
左に水平スクロール(半分スクロール)
上に垂直スクロール(半分スクロール)
PageUp 上に垂直スクロール
下に垂直スクロール(半分スクロール)
PageDown 下に垂直スクロール
Ctrl+→ 最終列へ水平スクロール
Ctrl+← 先頭列へ水平スクロール
Home or Ctrl+↑ 先頭に移動
End or Ctrl+↓ 最後に移動

マウス操作
操作 内容
ダブルクリック XML要素をマウスの左ボタンをダブルクリックすると、その文字列をクリップボードにコピーします。
左ボタン+移動 スクロール

検索

検索する文字列を入力後、検索ボタンを押下します。
一致したノードとXML構文表示画面での位置が表示されます。 目的の項目を選択するとメイン画面にその結果が表示されます。
以下の例では、”四半期連結”で検索した結果を示します。

図 検索画面
図 検索結果表示画面

制限事項

 特にありません。

著作権

XMLViewerの著作権は、SoftHompoが所有しています。
XMLViewerは、フリーソフトウエアです。自由に再配布することが可能です。
XMLViewerは、利用者の責任において使用してください。
XMLViewer使用によるいかなる被害についても、SoftHompoはその責任は負いません。