SoftHompoのホーム>honArchiveのホーム>honArchiveのマニュアル
先頭へ

honArchiveのマニュアル

はじめに
機能 制限事項
意見

はじめに

目的
 honArchive(図書記録保管庫)は、自分の読書記録あるいは、これから読もうと思っている書籍を記録しておく保管庫です。 蔵書目録としても使用できます。

利点
 自分の読書記録があると、今後の読書計画が立てやすくなります。 本を買うときあるいは、図書館から借りるとき、その本が既読か未読かが分かっていると重複して購入する必要がなくなります。 しかし、書籍を登録するとなると、書名や著者名をPCで入力するのは苦労するものです。(特に日本人著者名)
honArchiveは、国立国会図書館サーチを使用して、図書の登録が容易にできるようになっています。 最低、書名の一部分のみの入力で図書の登録が可能です。
本の表紙画像を登録することができるので、その画像から本を思い出すこともできます。
登録図書の図書分類表に従った統計情報を表示することにより、自分の読書傾向を知ることができます。

機能
 登録した図書は、一覧表示と図書分類表に従った木構造での表示が可能です。 登録図書は、書名、著者名、出版社、出版年度などでソート表示できます。
一覧表示では、書名の読みでソートすれば50音順に登録図書を調べることができます。 また、分類表からは分野ごとに図書を調べることができます。 図書分類の詳細レベルの設定ができます。
図書分類は、図書登録時に国立国会図書館サーチから取得した情報を基に自動で行われます。
登録図書は、書名と著者名で検索することができます。 著者名のみを指定して登録されている全図書を検索することもできます。
図書の感想、評価などを記録できます。
図書の表紙画像の登録ができます。
図書分類表に従った統計情報を表示することができます。

システムの構成
 honArchiveは、登録されている図書情報を複数のウインドウで表示するように設計されています。 必要でない情報は、そのウインドウを非表示にすれば表示領域が有効に利用できます。
登録図書の情報は、1本のファイルで管理されます。ファイルは圧縮されているのでディスクスペースの節約になります。
ウインドウどうしは連携して動作します。どれかのウインドウで選択した図書の情報が他のウインドウに即時反映されます。 選択している図書を”対象書籍”と呼びます。

機能

データベースファイル

honArchiveをインストール後、最初の起動時はデフォルトで”ドキュメント”フォルダにデータベースファイルが作成されます。
別のフォルダに作成したい場合は、メインメニューの[ファイル][名前を付けて保存]を選択します。 場所はどこでも構いません。 ネットワークドライブ上に設定すると、複数のPCから同じデータベースにアクセスできます。

インポート

バージョン1で作成したデータベースのデータを取り込むことができます。
メインメニューの[ファイル][インポート]を選択し、バージョン1で設定した”ライブラリフォルダ”を選択します。

書籍登録

書籍を登録します。 書名あるいは著者名のキーワードを入力して、検索ボタンを押下すると国立国会図書館サーチ(SRU(Search/Retrieve Via URL))で検索します。
書名は必ず入力してください。著者名は任意です。 書名、著者名は、空白区切りで複数のキーワードを指定できます。 この場合は、AND検索になります。
検索結果件数が出力件数以上の場合、再度検索ボタンを押下すると、次の検索結果が表示されます、 例えば、出力件数上限値が10で、検索結果件数が30の場合、最初の検索で1~10までの結果が表示されます。 もう一度検索ボタンを押下すると、11~20までの結果が表示されます。

下の欄に国立国会図書館サーチの検索結果が表示されます。 この場合、すでに登録済みの書籍は[登録済み]欄に○が表示されます。
登録する書籍を複数選択して、登録ボタンを押下します。
登録した書籍は、登録図書一覧画面に反映されます。

”書籍情報画面”が表示されている場合、書籍を選択するとその書籍の詳細情報が表示されます。

検索結果欄の列のヘッダをマウスでクリックすると、その項目でソート表示できます。 例えば、書名をクリックすれば、書名で昇順に並べ替えられます。

書籍登録画面
選択した図書の詳細情報を表示した画面例

登録図書一覧表示

[登録図書一覧表示画面]と[分類表一覧表示画面]は、連携して表示されます。 一方の画面で選択した書籍は、他方の画面でも選択表示されます。
選択された書籍は、”対象書籍”に設定され書籍に関する情報表示画面にこの書籍の情報が表示されます。

列のヘッダをマウスでクリックすると、その項目でソート表示できます。 例えば、書名をクリックすれば、書名で昇順に並べ替えられます。
書名(読み)でソートすれば、50音順に図書を調べることができます。
出版年範囲を設定して表示図書を絞り込むことができます。

登録図書一覧画面

表示範囲の設定画面

分類表一覧表示

登録時に国立国会図書館サーチで取得した情報を基に、登録図書を分類表示します。
分類表は、国立国会図書館分類表(National Diet Library Classification:NDLC)と日本十進分類表(NDC)のどちらかを優先分類表に選択できます。 優先分類表の分類コードが対象図書に存在しない場合は、もう一方の分類表に従って分類表示されます。
分類情報が存在しない図書は、未分類の項に表示されます。

NDC分類は、3次区分(1000項目)までの分類表を提供します。
NDLC分類は、
 政治・法律・行政(議会資料、法令資料は除く)(各国の法律・行政の分類表を含む)
 経済・産業
 社会・労働
 教育
 歴史・地理
 哲学・宗教
 芸術・言語・文学
 科学技術
 学術一般・ジャーナリズム・図書館・書誌
 古書・貴重書
 児童図書・簡易整理資料・教科書・専門資料室資料・特殊資料
の詳細分類表を提供します。

表示レベルを指定することにより、詳細分類の表示レベルを指定することができます。 NDLC分類表は、分類レベルが6ぐらいまで細分化されています。
設定画面で”表示レベル”を変更することにより、分類の細分化レベルを変更することができます。
例えば、表示レベルが1の場合、「政治・法律・行政」項目は、
政治・法律・行政・・・・レベル0
 政治・法律・行政(A)・・レベル1
 付表2(日本)・・・・・・レベル1
 付表3・・・・・・・・・レベル1
のようにレベル1の分類項目に、その項目の下位項目に分類されている全図書が表示されます。

書籍分類表画面
優先図書分類表の選択
表示レベル1での表示例

分類図書一覧表示

分類図書一覧画面を表示しておくと、書籍分類表画面で選択した分類項目に分類されている図書の一覧を表示します。
詳細区分を辿って目的の図書を見つけるのが面倒な場合に便利な機能です。 特に、NDLC分類の場合は、分類のネストが深くなっているので目的の詳細項目までたどりつくのが困難な場合があります。 そのような場合は、この画面は便利に機能します。

分類表一覧画面と分類図書一覧画面の関係

書籍情報表示

”対象書籍”の詳細情報を表示します。
下の欄に、登録された感想文が表示されます。

書籍情報画面

表紙画像の登録

図書の表紙画像を登録することができます。
事前に、インターネット上などから表紙の画像をPCに保存しておき、メインメニュの[編集][表紙画像の登録]を選択します。 画像ファイル選択画面が表示されるので、目的の画像ファイルを選択します。
登録する画像サイズは、160X160(ピクセル)程度が適当です。
【表紙画像の取得方法】
一つの方法として、目的の図書のISBNをメニュー【編集】【コピー】を選択して所得します。 そのあと、Amazonなどのサイトから本を検索し、表紙画像の上でマウス右ボタン押下で、ポップアップメニュから”名前を付けて画像保存”を選択します。
自分で、カメラで画像を撮っても可能です。

読書中の図書などを置いておく場所です。 棚に図書を置いておくと直ぐに対象図書を選択できます。
棚に図書を置くには、”登録図書一覧表示画面”から図書をマウスでドラッグして”棚画面”にドロップするだけです。

棚画面
図書に表紙画像が登録されていれば、その画像のサムネイル画像が表示されます。
画像のサイズは、1~256(ピクセル)の範囲です。

統計情報

図書分類表に従って登録図書の分布を表示することができます。
この情報によって、自分の読書の傾向を判断することができます。

統計情報画面

図書館ページ表示

近くの図書館のURLを入力すれば、ホームページを表示します。
図書をリクエストする場合に使用できます。 一旦入力したURLは保存されます。次回からは、デフォルトでそのURLが設定されます。

図書情報の編集

”対象書籍”の情報を編集します。
編集可能項目は、
 既読フラグ
 読了日
 評価
 感想文
です。 その他の図書自体の情報は変更できません。
既読を○に変更すると自動的に読了日は当日に設定されます。
画面サイズは変更できます。

図書情報編集画面

図書検索

書名、著者名で登録済み書籍を検索します。
複数の検索結果が存在する場合は、”次の書籍の検索”ボタン押下で次の図書が”対象書籍”に設定されます。 [登録図書一覧表示画面]あるいは[分類表一覧表示画面]が表示されている場合は、”対象書籍”が選択されます。

図書検索画面

コピー

”対象書籍”の情報をクリップボードにコピーします。
図書館でリクエストするときに利用できます。
複数項目を選択した場合は、項目間に空欄が挿入されます。

コピー画面

ごみ箱

登録図書を削除すると、図書情報はごみ箱に移されます。 ごみ箱から削除しない限り図書情報は完全に削除されません。
削除した図書情報を基に復元することができます。

ごみ箱

詳細情報ページの表示

”対象書籍”の国立国会図書館サーチの詳細ページを表示します。

詳細情報ページ画面

制限事項

Windows 10でのみ動作確認しています。
Windows7で実行する場合は、.Net Framework 4.5をインストールする必要があります。 Windows8、Windows10では、そのまま動作します。
図書登録時および、詳細情報ページ表示時に、国立国会図書館サーチにアクセスします。

意見

NDLC分類表は、PDFではあるが電子データが一般公開されています。(できれば、csvファイルあるいは、XML形式での公開をお願いします。)
しかし、NDC分類表のMRDF(Machine Readable Data File)を利用しようとすると高額の使用料を支払わなくてはなりません。 個人で、無料ソフトを開発するには無理な金額です。


 honArchiveに関する感想・要望等があればお知らせください。