SoftHompoのホーム>mPassBのホーム>mPassBのマニュアル
先頭へ

mPassBのマニュアル

はじめに
画面構成 使用方法
制限事項

はじめに

 三菱UFJ銀行のEco通帳の明細データを管理するプログラムです。(MyPassbook→mPassB)
メインバンクが三菱UFJ銀行でEco通帳を契約している場合に、Eco通帳の明細データを有効に管理することができます。
また、クレジットカードを三菱UFJ銀行で作成しており”クレジットカードWebサービス”を契約している場合は、ダウンロードした利用明細データ(csvファイル)の登録ができます。 これにより、クレジットでの出金を明細項目で管理することができます。
事前に確定している将来の入出金を登録しておくことにより、今後の予想残高を表示することができます。 この機能によって、残高不足による支払不履行を防ぐことができます。 また、お金の節約にもつながることでしょう。
将来の入出金日は不確定だが、金額だけが確定しているデータの登録もできます。
予定入出金データは、Eco通帳の明細データ登録時に自動的に削除されます。
予定入出金画面に、入出金日当日あるいは経過後のデータが存在する場合は、アラーム画面を表示して、Eco通帳の明細データ登録を促します。
明細データを摘要内容ごとにまとめて表示することができます。 これにより、確定申告時に、科目ごとの合計金額の確認が簡単にできます。
メモを入力することができます。 これにより、ネットショッピングで購入した商品を管理することも出います。(クレジットカードの利用明細データには、商品名までは記載されていません。)
データファイルを暗号化して、他人が覗けないようにすることができます。
表示するデータの開始日を設定できます。 これにより、特定の期間のみの明細データ表示ができ、確定申告時などに大変便利です。

画面構成

メイン画面に目的に応じて、二つのサブ画面を表示することができます。

メイン画面

 メイン画面のメニューに以下の機能があります。
サブ画面に表示されるデータは、表示開始日以降のデータのみです。
暗号化をチェックすると、ファイル出力時にファイルが暗号化されます。 入力したパスワードは、次回ファイルを開くときに入力する必要があります。
暗号化をチェックしても、そのファイルを保存しない場合は暗号化されません。

図 メイン画面

図 ファイルを暗号化したときのパスワード設定画面
パスワードを変更する場合は、一旦”暗号化”のチェックを外して平文にして保存後、再度読み込んで暗号化してください。

ファイル

データファイルを指定します。

処理

入出金情報の登録

ダウンロードした明細データを登録します。
データは、”ダウンロード”フォルダに保存されます。 違うフォルダにダウンロードした場合は、そのフォルダを指定します。
登録後は、その結果がすぐに入出金一覧画面に反映されます。

図 Eco通帳の明細データの登録

クレジットカードの支払情報の登録

ダウンロードしたクレジットカードの支払い明細情報データ(mPassBでは、内訳書として登録されます。)を登録します。
このデータは、クレジットカードの請求額が確定した時点で登録します。
したがって、データ登録直後に予定入出金画面に反映されます。
入出金情報を登録した時に、自動的に日付と金額が一致する予定入出金データは、入出金一覧画面に移動します。摘要は、”クレジット”です。

クレジット支払いで商品を購入した時
代金をクレジット支払いの場合は、引き落とし日がいつかはわかりません。
そこで、購入日で購入代金と摘要に商品名を指定して、”入出金日未定”をチェックして登録します。
クレジットの支払情報を登録するときに、支払金額が一致するレコードがクレジットの内訳に対応付けられます。

図 6/13にクレジットで衣類を購入した。

図 クレジット情報登録直後の状態
6/13の衣類購入が、7/11引き落としの内訳に自動的に転記されています。

摘要内容の別名設定

摘要内容は、銀行側で設定するがデータサイズの制限がありわかりやすい内容になっていません。
摘要内容の別名設定は、そのような不便に対処する機能です。
また、いくつかの摘要内容を同じ別名にして、摘要内容で分類表示したときにまとめて表示することもできます。

図 摘要内容の別名設定画面

摘要の摘要内容設定

摘要の中には、摘要内容が空欄になっている項目があります。 摘要内容が空欄に摘要内容を割り当てる機能です。
例えば、”カード”などです。 自行のATMで現金を引き出したときは摘要内容はブランクで、他行のATMで引き出したときは摘要内容が記述されています。
元来は同じ処理なので、どちらの場合も同じ内容で分類してまとめて表示する方が便利です。
このような場合にこの機能が利用できます。

図 カードでの現金引き出しの設定

図 ATM引出をまとめて分類表示
摘要の「カード」に摘要内容の”ATM引出”を設定し、摘要内容の”セブンギンコウATM”(摘要「カードC1」)の別名に”ATM引出”を設定

表示

表示するサブ画面を選択します。

入出金一覧画面

 Eco通帳の明細データを表示します。
データに内訳書が存在する場合は、行の先頭に”+”が表示されます。マウスで、”+”を左ボタンクリックすると内訳書が展開表示されます。
摘要内容でグループ表示をチェックすると、摘要内容ごとにレコードがまとめて表示されます。それぞれの摘要内容の合計金額も表示されます。

入出金一覧画面

図 内訳書の展開表示

図 摘要内容でグループ表示

図 摘要内容でグループ表示―その2
内訳書が自動的に展開され内訳項目ごとにまとめられて表示されます。
この場合、内訳書の基の項目”クレジット”は表示されません。

内訳登録

入出金一覧画面の内訳登録は、補助的な機能です。
一般的には、予定入出金画面で内訳内容が登録されているのでここでは使用する必要はほとんどありません。

図 内訳登録画面
金額を変更した場合は、合計金額が入出金額に一致する必要があります。

予定入出金画面

 今後予定される入出金データを登録・表示します。
執行日当日あるいは、経過したデータはアラーム画面が表示されます。
データに内訳書が存在する場合は、行の先頭に”+”が表示されます。マウスで、”+”を左ボタンクリックすると内訳書が展開表示されます。
摘要内容でグループ表示をチェックすると、摘要内容ごとにレコードがまとめて表示されます。それぞれの摘要内容の合計金額も表示されます。
予想残高が負の金額なる場合は、注意メッセージが表示されます。

図 予定入出金画面
7月20日に残高が不足する可能性があります。 アルバイト代は、入金日が確定していないので、その前に支払不履行になる可能性があります。

図 内訳書を展開した画面

図 摘要内容でグループ表示
内訳書は展開されて表示されます。 この場合、内訳書の基の項目”クレジット”は表示されません。

図 アラーム画面
アラーム画面は、予定入出金画面が表示されていなくても表示されます。

図 予定入出金追加あるいは編集画面
摘要は、入力した項目が保存されるので、以前に入力した項目を選択することにより、毎回同じ項目を入力する必要はありません。

内訳登録

予定入出金の内訳書を登録・編集します。

図 予定入出金の内訳の登録・編集画面
内訳の金額が変更された場合、内訳の合計金額を予定入出金額に変更することができます。
”コピー”ボタンを押下するとクリップボードに内容をコピーすることができます。 別の入出金項目で同様の内訳を登録するときにペーストして使用できます。

使用方法

ここでは、使用場面ごとに使用方法を説明します。

最初期

新規にファイルを作成した直後は、銀行の口座サイトから入出金明細データをダウンロードして”入出金情報の登録”を実行します。
この段階で、口座の残高とmPassBの状態が同期されます。

入出金予定の通知直後

年金、税金等の納税通知書が届いたら、予定入出金レコードを登録します。
年間の入出金予定が登録されます。
年金から国民健康保険料等が天引きされる場合は、”内訳”を登録します。 これにより、それぞれの項目の入出金額と実際に口座に入出金される合計金額が登録されることになります。
月給を登録する場合は、基本給部分のみを登録し年間の口座残高をシミュレーションすることができます。

クレジットカードでの買い物直後

クレジットカードで買い物をした場合、入出金予定を登録します。 この時点では出金日は未確定なので、”入出金日未定”で登録します。
このレコードは、”クレジットカードの支払情報の登録”時に、自動的にクレジットカード支払いレコードの内訳に転記されます。
”摘要”はクレジットにしてください。 支払内容は”メモ”に記入してください。

クレジットカード請求額確定直後

クレジットカードの請求額が確定したら、クレジットカードのWebサイトから支払い明細情報データをダウンロードし、”クレジットカードの支払情報の登録”を実行します。
このレコードは、”入出金情報の登録”時に、自動的に入出金情報(入出金一覧画面に表示される情報です。)に転記されます。

入出金直後

口座への入金あるいは、口座からの出金が発生した直後に、銀行の口座サイトから入出金明細データをダウンロードし、”入出金情報の登録”を実行します。
予定入出金情報に該当レコードが存在する場合は、自動的に該当レコードが入出金情報に転記されます。

制限事項

Windows 7 以上のOS上で動作します。


 mPassBに関する感想・要望等があればお知らせください。