SoftHompoのホーム> FStateManのホーム>FStateManのマニュアル
先頭へ
はじめに
機能および特徴
操作手順
画面構成
ライブラリフォルダの構成
制限事項
ご意見

はじめに

財務諸表管理システム(Financial Statement Manager)は、 金融庁(EDINET)に提出された財務諸表の電子ファイル(XBRLファイル)をダウンロードして、 管理・表示するプログラムです。

XBRLファイルは冗長な構造になっており、財務諸表を表示するためには処理時間がかかってしまいます。
FStateManは、XBRLファイルを登録する時点で、元来の財務表構造のXMLファイルに変換してデータベースとして保管します。
これにより、財務諸表の表示および解析が瞬時に行えるようになっています。

財務諸表は、提出された有価証券と同じ形式の表で表示されます。
財務データを時系列で、表示できるのでその企業の現状を判断することができます。
指定した勘定科目の時系列データを棒グラフで表示できるので、直感的にデータを眺めることができます。
複数企業の勘定科目の時系列データを比較することができます。(表あるいは、棒グラフに表示して比較できます。)
また、売上高営業利益率などの財務比率の複数企業での比較ができます。(表に表示して比較します。)
財務比率は、単一企業の時間経過も表示することができます。

提出書類の文字情報(PDFファイル)の表示ができます。
公表された有価証券報告書の形式で表示できるため、財務表の注意書きやセグメント情報等の参照ができます。
表示した、財務表データをcsvファイルとして出力できます。
これにより、財務データを容易に加工することができます。

機能および特徴

  1. EDINETのホームページ から取得したXBRLファイルを管理保管して、財務諸表を表示します。
    XBRLファイルは、自動的に解析され財務表に適したXMLファイルとして保管されます。
    この機能により、財務データを容易に表示・加工ができます。
  2. 複数企業の財務データを並置表示することにより企業間の財務状況を比較することができます。
    比較は、表形式と棒グラフでの表示ができます。
  3. 売上高営業利益率などの財務比率の複数企業での比較ができます。 この機能により、複数企業の財務体質を簡単に比較できます。
  4. それぞれの種類の情報は、個別のウインドウに表示されます。
    これにより、必要な情報のみを表示することができます。
  5. 財務データは、csvファイルに出力できるので、簡単にグラフを表示するなどデータ加工が容易になっています。
  6. 指定した財務表の指定勘定科目の棒グラフを表示することができます。
  7. 財務諸表の指定勘定科目の時間変化の傾向を基に企業を選択することができます。
    例えば、当期純利益が決算期ごとに安定して増加している企業だけを選択することができます。

操作手順

ここでは、FStateManを使用する手順について述べます。

概念図

FStateManの起動

FStaeManインストール時、ライブラリフォルダはパッケージフォルダに作成されます。
パッケージフォルダの内容は、FStateManをアンインストールすると自動的に削除されます。
作成した財務データを残したい場合は、[ファイル][ライブラリフォルダの設定]メニューでライブラリフォルダを別の場所に設定することを強くお勧めします。

コードリストの登録

[設定][コード登録]メニューで、EDINETコードリストとファンドコードリストを登録します。
コードリストを登録しないと提出者名やファンド名が正常に表示されません。
この時に、XBRLファイルの自動登録する企業を設定しておくと便利です。

提出書類一覧情報の取得

[書類一覧]メニューを選択し”書類一覧”画面を表示します。
当日あるいは過去の提出日に提出された提出書類一覧情報をEDINETサイトから取得します。
提出日を当日に設定した場合は、現在時刻までに提出された書類が表示されます。

設定で、表示する書類の種類を有価証券報告書のみに制限しておくと便利です。
XBRLファイルを登録するときに、有価証券報告書以外のXBRLファイルを登録しなくて済むからです。

XBRLファイルの登録

”書類一覧”画面で、必要なXBRLファイルを選択して登録します。
この時、参照しているタクソノミがローカル環境にない場合は、ネット上から自動的にダウンロードされます。
登録企業情報も更新されます。
登録によってはじめて、FStateManで財務諸表の表示が可能になります。

画面構成

ここでは、機能ごとの処理について述べます。
処理の詳細は、それぞれの画面のHelpを参照してください。

ほとんどのメニューやボタンにアクセスキーが設定されています。
設定されているアクセスキーは、Altキーを一回押下すると表示されます。

設定

実行環境を設定します。
ここでは以下の項目の設定ができます。

ライブラリフォルダ設定
[ファイル][ライブラリフォルダの設定]メニューでライブラリフォルダを変更します。 ライブラリフォルダは、データベースを保管しているフォルダです。
ローカルPC上に設定することも、NAS(network-attached storage)上に設定することもできます。
NAS上に設定しておくと、LANで結合されたすべてのPCから参照することができます。
途中で、ライブラリフォルダの場所を変更する場合は、古いフォルダ上の全サブフォルダを新しいフォルダにコピーすることにより、 それまでのデータがそのまま使用できます。
過去の提出書類一覧情報収集
メニュー[設定][過去の書類一覧情報の収集]で、過去5年間の情報を収集することができます。
有価証券報告書は、5年間閲覧期間が設定されているので、5年前までの報告書を参照することができます。
この処理は、サーバーへの負荷が高いので、平日の夜間あるいは休日に行ってください。
良識ある行動を期待します。
コードリストファイルの登録
メニュー[設定][コード登録]を選択して、事前にダウンロードしたコードリストファイルを登録します。 コードリストは、提出者の基本情報あるいはファンドの基本情報を含んだリストです。
EDINETでは、提出者及びファンドは、EDINETコード及びファンドコードで管理されています。
提出者やファンドを名称で表示するためにこのリストを事前に登録しておく必要があります。
コードリストは、EDINETサイトからダウンロードすることができます。
コードリストファイルは、
https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp?uji.bean=ee.bean.W1E62071.EEW1E62071Bean&uji.verb=W1E62071InitDisplay&TID=W1E62071&PID=W0EZ0001&SESSIONKEY=&lgKbn=2&dflg=0&iflg=0
のページの最後にダウンロードボタンが存在します。
コードリストは1年に一回程度ダウンロードして登録してください。
また、ファンド名などが不明と表示された場合にも最新のコードリストを登録してください。
EDINETコード一覧
メニュー[設定][EDINETコード]を選択します。
XBRLファイル自動収集提出者を設定することができます。
ファンドコード一覧
メニュー[設定][ファンドコード]を選択します。
XBRLファイル自動収集ファンドを設定することができます。

書類一覧

EDINETサイトから毎日提出された書類の一覧情報を取得します。
この情報を基に必要な書類のXBRLファイルを登録したり、PDFファイルを表示します。
事前に自動収集提出者が設定されていれば、XBRLファイルの登録はワンクリックで可能です。
提出日を当日に指定すると、その時刻までに提出された書類の一覧情報が取得表示されます。

提出書類一覧情報は、提出日に提出された書類の情報でありこの情報を基に登録する書類のXBRLファイルをダウンロードし登録します。
提出された書類は、IDで管理されているためダウンロードする書類のIDを参照するために、提出書類一覧情報が必要になります。

書類一覧画面

企業一覧

XBRLファイルが登録された提出者を”登録企業”として、一覧表示します。
FStateManが対象にするのは登録企業だけです。
XBRLファイルが登録されていない企業やファンドは表示されません。

画面の左端の企業選択リストは”企業選択方法”の切替により、
提出日順
注目企業
業種順
コード順
で表示できます。

未登録企業でも、”書類一覧”画面で提出書類のPDFファイルを表示することはできます。

登録した財務データを表形式、棒グラフで表示できます。
売上高営業利益率などの財務比率を表示できます。

過去の提出書類一覧情報から当該企業の書類を検索してその一覧を表示できます。

企業一覧画面

企業比較

複数の企業を選択して、財務データを比較します。
複数企業のデータを表形式、棒グラフで表示できます。
複数企業の財務比率を表示できます。

ログ

メッセージログが出力された場合は、画面の下に表示されます。
ログは、削除することができます。
ログが削除されると表示領域は自動的に隠れます。
削除方法
ログ表示領域でマウスの右ボタンを押下し、ポップアップメニューを表示し”クリア”を選択します。

ライブラリフォルダの構成

ライブラリフォルダは、

から構成されています。

【注意】
ライブラリフォルダ内は、すべて文字列ファイルで構成されているため、このフォルダに圧縮属性を設定しておくとディスクの使用スペースが少なくて済みます。
大体、半分程度のスペースで済みます。

データベースフォルダ

FStateManが作成したファイルが保存されています。

タクソノミフォルダ

EDINETのタクソノミファイルが保存されます。
XBRLファイルを登録するときに参照しているタクソノミは自動的にEDINETサイトからローカルフォルダにコピーされます。
参照しているタクソノミファイルがローカルに存在する場合は、そのローカルファイルを使用します。

【注意】
EDINETサーバー混雑時、サーバーからタクソノミファイルが正常に取得できない場合があります。
このような場合は、タクソノミファイルをEDINETサイトから直接ダウンロードしてローカルフォルダにコピーすることをお勧めします。

EDINETタクソノミのダウンロードおよびローカルフォルダへのコピー方法

  1. ブラウザーで
    https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp?uji.bean=ee.bean.W1E62071.EEW1E62071Bean&uji.verb=W1E62071InitDisplay&TID=W1E62071&PID=W0EZ0001&SESSIONKEY=&lgKbn=2&dflg=0&iflg=0
    から必要なタクソノミをダウンロードします。
    一般的には、「全様式一括」の必要な年度のファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたzipファイルの"taxonomy"フォルダをFStateManのライブラリフォルダにコピーします。
    [ライブラリフォルダ]\taxonomy
    にダウンロードした年度のタクソノミファイルがコピーされています。
    ローカルフォルダのタクソノミ

制限事項

金融庁のEDINETサイトにアクセスします。
インターネットに接続できる環境が必要です。

ご意見

FStateManに関する感想・要望等があればお聞かせください。