SoftHompoのホーム> honArchiveのホーム>honArchiveのマニュアル
先頭へ
はじめに
特徴
機能
画面構成
操作手順
制限事項
ご意見

はじめに

honArchive(図書記録保管庫)は、自分の読書記録あるいは、これから読もうと思っている書籍を記録しておく保管庫です。
蔵書目録としても使用できます。

省労力で、図書を管理することができます。
図書を管理するためには、書名、著者、出版社、出版年、分類情報等多量の文字を入力する必要があります。
しかし、honArchiveを使用すると最小限の文字入力で、図書管理情報の取得ができ、これらの管理情報を基に図書をわかりやすく表示することができます。

特徴

図書の管理
自分の読書記録があると、今後の読書計画が立てやすくなります。
本を買うときあるいは、図書館から借りるとき、その本が既読か未読かが分かっていると重複して購入する必要がなくなります。
図書の登録が簡単
honArchiveは、国立国会図書館サーチを使用して、図書の登録が容易にできるようになっています。
最低、書名の一部分のみの入力で図書の登録が可能です。
国立国会図書館サーチは、蔵書の分類情報が付属しており、その詳細情報も同時に保存します。
図書の分類
図書分類表に従って、登録図書を分類表示できます。
登録図書の図書分類表に従った統計情報を表示することにより、自分の読書傾向を知ることができます。
表紙画像の登録
本の表紙画像を登録することができるので、その画像から本を思い出すこともできます。
本棚
本棚機能により、すぐに参照したい図書だけを表示することができます。
安全性
ファイル内容を変更した場合、そのファイルのバックアップが保存されます。
以前のファイル状態に戻すことができます。
また、不要になった図書を削除すると一旦ごみ箱に移され、その後必要になればごみ箱の図書を復元することができます。

機能

画面構成

それぞれの画面は、左右にに分割されています。
左側の領域で、図書の登録あるいは選択をして、選択した図書の詳細情報を右側の領域に表示します。

それぞれの画面の詳細については、各画面のヘルプで説明します。

ほとんどのメニューやボタンにアクセスキーが設定されています。
設定されているアクセスキーは、Altキーを一回押下すると表示されます。

図書の詳細情報の表示画面等で、表紙画像サイズなどの表示条件の設定ができます。
表示領域で、マウスの右ボタンを押下するとメニューがポップアップします。

メッセージログが出力された場合は、画面の下に表示されます。
ログ表示は、30秒後に自動的に非表示になります。
ログは、削除することができます。
ログが削除されると表示領域は自動的に隠れます。
削除方法
ログ表示領域でマウスの右ボタンを押下し、ポップアップメニューを表示し”クリア”を選択します。

概念図
メイン画面
表紙画像サイズの設定メニュー
ログ領域のクリアメニュー

操作手順

honArchiveを使用する手順について説明します。

データベースファイルの設定

最初にhonArchiveを起動すると、パッケージフォルダにデフォルトのデータベースファイルが作成されます。
パッケージフォルダは、honArchiveがアンインストールされると自動的に削除されるので、パッケージフォルダ以外にデータベースファイルを作成することを強くお勧めします。

新規データベースファイルの作成方法は、
[file][新規作成]メニューを選択します。

図書登録

図書を国立国会図書館サーチを使用して検索登録します。

図書登録方法は、
[図書登録]ボタンを押下します。
書名の一部のみでも検索できます。

登録図書の閲覧

登録された図書は、一覧表示・分類表示等で表示できます。

登録図書の閲覧画面

制限事項

図書登録時、国立国会図書館サーチサイトにアクセスします。
インターネットに接続できる環境が必要です。

ご意見

 honArchiveに関する感想・要望等があればお聞かせください。